2014年05月05日

ひい散歩 池袋東口


■豊○岡女子学園

高1のとき、文化祭を見に来た。同じ中学だった女の子が通っていたのである。こちらが押し掛けたのか、彼女が誘ってくれたのかは忘れた。どうやって連絡を取り合ったのかな。家電(いえでん)しかなかった時代。

東口から目抜き通りを直進した左手にその「花園」はある。正門からは清く正しいオーラが漂っていた。

ともかく、とある部屋で彼女が弾くピアノを聴いた。クラスメイトとの連弾だった。その後二言三言話したかもしれない。そしてそれが彼女と交わした初めての会話だった。

毎朝授業の前に雑巾を縫うとか言っていたなあ。放課後の寄り道は御法度で、見つかると面倒なことになるとも。

それから数週間後、彼女との連絡が途絶える。親から異性との交際を止められ・・・。

あれこれ記憶をたどるうちに、いかつい校舎が現れた。校内の様子は窺い知れない。30余年の歳月、学園の隆盛、今時のセキュリティー事情などを目の当たりにした。以前にも増して人気校・名門校の地位を確かなものにしているようだ。そうか、やっぱりお嬢さまだったんだな。

ウェブ検索してみる。かの雑巾縫い(「運針」)は、今もなお脈々と受け継がれている伝統らしい。私が聴いた曲も分かった。実家で当時のパンフレットを見つけたのである。「Ungarische Tanze」すなわち「ハンガリー舞曲」。YouTubeに掛けてみる。有名な5番ではなく、おそらく1・2番あたりではなかったか。あのときの調べに思いを馳せたことは言うまでもない。

■サンシャインシティ

サンシャイン60が出来たのは1978年。これは覚えている。学校をサボって友人たちと上りに行ったから。そうか、先の彼女の文化祭と同じ年だったか。

彼女と僕は、それから3年後、大学1年のときに再会する。最初の連絡は彼女の親友、そう連弾の相方からの電話だった。何とも恥じらいがあるでしょう。

高校を出たから、交際が解禁になったからという説明だった。何度かデートを重ねたが結局自然消滅。やっぱり世の中タイミングってものがあるんですね。

初夏のサンシャインシティをあてもなく歩いた。ベンチに座って何を話したんだっけ。今のサンシャイン広場である。そのときのことを当時歌にしている。

花柄のシャツの襟足の向こう きらめくうぶ毛
「暑いねえ」「……」
しぶきのかかる噴水の向こう 無邪気な子供 
「可愛いねえ」「……」 《焼け石に水》
(「なんとか云ってくれ」)

今でもときたま買い物や展示会でここに来ると、あの頃の甘酸っぱい気持ちが胸に込み上げる。今回、昔見たはずの噴水を見つけることはできなかった。
posted by hiro at 06:31| Comment(0) | エッセイ4 | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

女子プロ野球観戦記


昨年から女子プロ野球観戦にハマっている。今年は東西各地区2チームに分かれて戦い、観戦の機会も増えた。観戦記を書くに当たっては、趣味の将棋のスタイルを真似ることを思いついた。そう、新聞の将棋欄のあれである。それでは全7譜、最後までご笑覧のほどを。



ルーキーはつらつ、レイア制勝

ヴィクトリアシリーズ 東地区第5戦
レイア-アストライア
(2014年5月9日)

▲1回表 レイア
1④佐藤 遊飛
2⑧中田 死球
3⑥山崎ま 三併
△1回裏 アストライア
1⑥厚ヶ瀬 遊ゴ
2⑧三原 三ゴ
3⑦中平 三振

【1】川口市で初開催

レイア、アストライアともに2勝し、第5戦を迎えた。会場の川口市営球場は、全面人工芝のきれいな球場。女子プロ野球が開催されるのは今回が初めてだ。

地元の協力も奏功したか、観客は1000人を超えた。中学・高校の野球部やソフトボール部の生徒、少年野球の児童らも多く訪れ、応援には学生のブラスバンドが加わった。

内野スタンドはややこぢんまりとしており、客席はふだんの試合に比べ、かなり埋まっている印象だ。グラウンドとの距離が近く、臨場感や一体感が得られる。これなら選手たちも燃えないはずがない。

先発はレイア里、アストライア渚。里は昨年リーグの奪三振王。渚は同じく防御率1位に輝いた。両者とも三者凡退に打ち取り、上々の立ち上がり。

2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分
レイア1.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚-今井

▲2回表 レイア
4⑦小久保 三ゴ
5⑨岩谷 右飛
6③大山 左安
7⑤只埜 右安【レ1-0ア】
8②碇 中飛
△2回裏 アストライア
4④川端友 三ゴ
5③萱野 三ゴ
6⑨楢岡 中飛

【2】レイア先制

レイアは昨年最下位。アストライアとは12戦し、0勝11敗1分に終わった。この上ない屈辱であり、今年に賭ける思いは相当だろう。

チーム力にそれほどの開きがあるはずもない。まずは投手力を含めた守備力のアップが課題だ。

監督には昨年フローラを現役引退した河本が就き、コーチにはアストライアから古川が移った。今年は開幕からアストライアに2連勝。それなりの手応えはつかんだか。

2回表、レイアはルーキーの大山、只埜の連打で先制。ともにテキサス性の当たりで、ピッチャー渚にはやや不運だった。

大山は開幕から好調。只埜はこの日が初先発だった。ルーキーたちにとっては、昨年の苦手意識がない分、のびのびとプレーできるメリットがありそうだ。

2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分
レイア2.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚-今井

▲3回表 レイア
9D石塚 左安
1④佐藤 三犠
2⑧中田 三安
3⑥山崎ま 三振
4⑦小久保 遊ゴ【レ3-0ア】
5⑨岩谷 三ゴ
△3回裏 アストライア
7D中野 二安
8⑤大澤 投犠
9②今井 中安
1⑥厚ヶ瀬 投ゴ
2⑧三原 中2【レ3-2ア】
3⑦中平 中3【レ3-3ア】
4④川端友 投ゴ

【3】アストライア反撃

3回表、レイアは2点追加。二つのエラーが得点に絡んだ。

アストライアは今年、ショートの厚ヶ瀬がディオーネから移籍した。昨年ショートを守った川端友がセカンドに、セカンドだった中野が押し出されるように控えに回っている。

中野の華麗なフィールディングを見たいファンは多いだろう。その中野は7番DHで今年初出場。3回裏の先頭打者、二塁内野安打は意地の表れか。

さらには3本のヒット。たちまち3-3の同点である。三原、中平のタイムリーはともに鋭く、センター中田の正面。捕れそうにも見えたが、真正面から飛んでくる当たりはなかなか目測がしにくい。

先のエラー然り、ほんのわずかな球際の強さ(弱さ)が、今後のレベルアップの鍵となるだろう。

2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分
レイア3.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚-今井

▲4回表 レイア
6③大山 中3
7⑤只埜 中安【レ4-3ア】
8②碇 一ゴ
9D石塚 右犠【レ5-3ア】
1④佐藤 二飛
△4回裏 アストライア
5③萱野 一ゴ
6⑨楢岡 左安
7D中野 中飛
8⑤大澤 三ゴ

【4】只埜、2打席連続タイムリー

日は落ち、観客も次第に増えてきた。試合は振り出しに戻り、球場も一層熱気を帯びてきた。

あっという間に追いつかれたレイアだが、今年は一味違っている。先頭の大山が右中間三塁打。続く只埜も中前に2打席連続のタイムリー。両者早くもマルチヒットである。

大山は日本代表の経験もある実力者。打撃はもとより、守備でもやわらかな上手さを見せていた。只埜の守備も安定しており、この日も6度の守備機会を軽快にこなしていた。

ルーキーのはつらつとしたプレーが、今年のレイアを牽引する。「(タイムリーの感触は?)気持ちよかったです」(大山・試合後のインタビュー)。「個人のことより、チームの勝利に貢献できたことが嬉しかったです」(只埜・同)

2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分
レイア4.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚-今井

▲5回表 レイア
(投・山﨑舞)
2⑧中田 二直
3⑥山崎ま 遊飛
4⑦小久保 中3
5⑨岩谷 遊ゴ
△5回裏 アストライア
9②今井 三振
1⑥厚ヶ瀬 三邪
2⑧三原 二飛

【5】両軍の投手事情

5回表、アストライアは山﨑舞へ継投。投球もさることながら、牽制やフィールディングなど、ルーキーらしからぬ落ち着きであった。

アストライアの投手陣は渚と中島の二枚看板。渚は緩急の使い手。中島は今年サイドスローに転向した。これに引退を撤回した大田、さらには楢岡、萱野、山﨑舞が加わる。昨年はキャッチャーだった川保新監督の采配に注目したい。

一方レイアは今年も里が中心となる。ルーキーだった昨年は、自分が何とかせねばと、特にピンチのときに力んでいたが、今年はマウンドでも余裕が感じられる。持ち球のスライダーは斬れ味抜群。あとは、とにもかくにも2番手・泉の成長が待たれる。

5回を終え、5-3でレイアがリード。試合は終盤戦へ。

2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分
レイア5.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚、山﨑舞-今井

▲6回表 レイア
6③大山 四球
7⑤只埜 投ゴ
8②碇 三併
△6回裏 アストライア
3⑦中平 左飛
4④川端友 一ゴ
5③萱野 左安
6⑨楢岡 三ゴ

【6】ゆきぷりん

この日球場では、アストライア川端友がプロデュースしたプリン「ゆきぷりん」が初めて販売された。限定50個は試合開始直後に完売。なめらかで濃厚な逸品だった。

プリンの売上とは裏腹、川端友の調子が今一つ上がらない。昨年は打率.431で首位打者、MVPにも輝いた。振ればヒットの打ち出の小槌の風情だったが…。

今年は素振りからして何やら昨年と違う印象だ。フォームの改造中か。さらなる高みを目指しているのか。(その必要があるのか)

この日は3タコ、先発の選手中唯一人ノーヒットに終わった。

特に3回裏、同点に追いつき、なお二死三塁の好機での凡打が惜しまれる。昨年ならコツンと一本出ていただろう。キャプテンの苦悩が長引かなければいいが。

2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分
レイア6.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚、山﨑舞-今井

▲7回表 レイア
9D石塚 左邪
1④佐藤 遊失
2⑧中田 左失
3⑥山崎ま 二併
△7回裏 アストライア
7D中野 投ゴ
8⑤大澤 投安
9②今井 右飛
1⑥厚ヶ瀬 左安
2⑧三原 中飛
試合終了【レ5-3ア】

【7】里、無四球完投勝利

7回表、レイアは一死から二つのエラーで一・三塁。3番山崎まの痛烈なライナーは、セカンド川端友がジャンプ一番ナイスキャッチ。三つめの併殺でこの日最大のピンチを切り抜けた。試合の行方はまだ分からない。

7回裏、アストライアは大澤、厚ヶ瀬のヒットと暴投で二死二・三塁。一打同点のチャンスとなり、球場のボルテージも最高潮に達した。

2番三原の当たりは快音とともにセンターへ。中田、今度はしっかりとグラブに収め試合終了。最後まで目が離せない好ゲームだった。

レイアの里は無四球完投で今年2勝目。野手もノーエラーで好投に応えた。アストライアはレイアの7を上回る8安打。けれど失策4では勝利の女神に見放されても文句は言えるまい。

ヴィクトリアシリーズ東地区第5戦【レイア3勝2敗】
2014年5月9日◇川口市営球場◇開始18時32分◇観衆1,028人
レイア7.JPG
(レ)里-碇
(ア)渚、山﨑舞-今井

【勝】里(3試合2勝1敗)
【敗】渚(3試合1勝2敗)

レイア8.JPG
(レ)残塁4、併殺0

レイア9.JPG
(ア)残塁5、併殺3

◇盗塁 大山(2回)、只埜(4回)
◇失策 大澤(3回)、川端友(3回)、萱野(7回)、中平(7回)
◇暴投 里(7回)
◇時間 1時間52分
◇審判 中平(球)、永見、富井、三浦(塁)
posted by hiro at 05:52| Comment(0) | エッセイ4 | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

独吟かるた 世吉「通りゃんせ」


01(と)通りゃんせ今に酔う人ばかりいて
02(り)倫理社会は学んだけれど
03(な)鳴かぬならそれもまたよしホトトギス
04(く)腐れ縁とか共依存とか
05(こ)コンビニのアイスケースにひと涼み
06(す)住めば都と堂島すずめ
07(ゆ)友情に付け回されるスマホかな
08(め)目を閉じて吾唯足るを知る

09(さ)爽やかの賞味期限ありやなしや
10(ま)マメな人ねと友ら驚く
11(せ)背中から抱(いだ)きしめたい十三夜
12(み)未練は歌の文句に変えて
13(よ)邪(よこしま)な魂見透かされぬよう
14(あ)アムロ世代が群がるコスメ
15(け)喧騒はうたかたの夢冬木立
16(わ)割り切れぬもの解き放ちたい
17(た)大切な人の移ろい年新た
18(る)ルルル・ルルルで埋める字足らず
19(ひ)陽だまりと寝そべる床があればいい
20(か)勝った負けたの遥かその先
21(し)しがらみのなき花の世を仰ぎ見る
22(そ)ソ連の頃の古い地球儀

23(ら)ラジオから懐かしの曲春来たる
24(い)粋(いき)と寄り添い生きていけたら
25(ろ)ロジカルに遠く公開討論会
26(は)破綻したもの追い求めても
27(え)駅までの道も楽しや衣替え
28(て)手引きだらけの仕事場へ行く
29(お)後れ毛にドキがムネムネ夏祭り
30(き)訊きたいことがまた増えていく
31(つ)月出づるきっと同じ空見上げ
32(へ)ヘラクレスとは対極にあり
33(に)匂い立つ白桃眺めてから食む
34(ほ)ほんとうの嘘うその本当
35(ふ)風流や草木と暮らす民の知恵
36(ね)ネイティブ級とただのポン助

37(む)無駄なんて一つもないととり雑炊
38(れ)レコード市に懐かしい人
39(ぬ)ぬくぬくとまるまると猫去年今年
40(も)持たざることを喜びとする
41(や)やどかりや誰に似てるか似てないか
42(の)野毛の老舗にビジターら来る
43(う)自惚れはほどほどにして花の中
44(ち)地位も名誉も演じるがごと

2013年8月16日期首 2014年6月13日満尾 於・花見庵
posted by hiro at 06:35| Comment(0) | エッセイ4 | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

人生劇場の正しい楽しみ方(1990年)


01 without you
休日の昼下がりに、窓からの光と、コーヒーの香りとともに嗜みたい。

02 逢・愛・哀
この歌と08、10は、ギタリストI氏の失恋3部作。ギターが泣いている。

03 雨のGoodbye
驚くなかれ、「恋の予感」(安全地帯)は、この歌より後の作品だ。

04 夏の終わりのストーリー
ボーカルは我がサークル「味覚研究会」の女性。情感がこもっている。

05 Thank You Girl
LAOXでのライブ・バージョン。振られても、今までの君にサンキュー。

06 愛でつつんで
本来はもっとポップな作品だが・・・。ボーカル(私)のエナジー不足か。

07 おねがいバレンタイン
素材としての麻丘めぐみ、ノーランズ。オマージュにして、パクリに非ず。

08 A Ya(あの時代を忘れない)
クレーダーマンばりのピアノソロは私。作者のロマンチシズムの極北。

09 帰さない Tonight
午後9時になると、コンパの席を離れてしまう埼玉の女の子にしたためた。

10 悲しみの向こう側
Hey Jude!!!!!

★作詞作曲 ☆作詞

【1990年、友人に贈ったカセットテープ「人生劇場BEST」に添えたメモ書きを一部加筆した】
posted by hiro at 00:00| Comment(0) | エッセイ4 | 更新情報をチェックする